レーザーカットとは、ハサミや裁断機のように刃で生地をカットするのではなく、レーザー光線の熱で表面を加熱し素材をカットします。

レーザー光線の熱により繊維が溶着し、裁断面のほころびを防ぐので、カット後にほつれ始末をする必要はありません。

ポリエステルやナイロンを含んだ合成繊維や化学繊維との相性が良く、手作業では難しい繊細なデザインでもキレイに仕上がります。

レーザーの熱で焼き切れてしまう様な、コットン・シルク・リネンのような天然素材はレーザーカットには向いていません。

弊社のレーザーカットは生地以外にも、アクリル板・ゴム・シリコンなども加工する事が可能なので、使い方は無限大です。

お客様のご要望に応じて、素材との相性を考えレーザーの集光スポット径・波長・出力・周波数を専門の技術者が細かく設定を行います。

レーザー加工は加熱エリアが小さいので、ミリ単位で穴も開ける事が可能です。

穴を開ける事も出来れば、表面だけを削り文字や模様をプリントの様に加工することも可能です。

​お問い合わせはこちらから

一覧表に戻る