​OEM / ODMとは

OEM(original equipment manufacturer)とは、

依頼者、または依頼企業の企画されたものを、生産製造のみを請け負う事です。

自社の商品を自社製造・自社販売する企業もありますが、ブランド(大手メーカー)が他社に委託して代わりに作ってもらっているものも多くあります。

メリット

生産設備投資の削減、生産能力不足のカバーなどが挙げられます。

商品製造に必要な設備にかけるコストが必要なくなり、製造にかかってくる経営資源を、本来必要な販売分野に回すことができる。

デメリット

商品製造を依頼するため、自社生産による収益が得られない。

ODM(Original Design Manufacturing)とは、

製造会社が自ら商品企画を立て、設計・デザインし、製造まですべてをおこない、ブランド(大手メーカー)はその商品の販売元となって売り出されるというOEMが発展した形です。

メリット

製品開発や生産に関する技術・ノウハウが無くとも、ブランドとして製品を販売でき、

ODMによって自社ブランド製品を販売することが可能です。

サンプルができ上がるまでの作業を任せることになるため、依頼側は大幅に作業負担が減る。また、商品開発を行うためのデザイナーなどを雇う必要がないため、人件費も削減できる。

デメリット

製品開発から生産まで製造メーカーに依頼する為、製品単価が上がってしまうのが、最も大きなものと言えます。さらに自社の利益も出さなければならないので、必然的に製品一つあたりの単価は上がってしまいます。

​お問い合わせはこちらから

  • Facebookの - ホワイト丸
  • YouTubeの - ホワイト丸
  • Instagram - White Circle

DAIKI Co.,Ltd. / 株式会社大喜商会

大阪市生野区新今里3丁目18-19

TEL06-6751-1561

Copyright Ⓒ 1997-2019 DAIKI Co.,Ltd. All Rights Reserved.